毎朝の一番風呂は自分だと勝手に決めて、少しだけ早めに起きていることは誰も知らない。少しだけ薄暗い外の風景が、ゆっくりと輝き始め鮮明になってくる。今日は最高のべっぴんさんに出会えたような気分だ。